成仏するということについて

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

前回から大分時間が空いてしまいましたが、今回は前回予告していた通り「成仏する」とはどういうことなのかお伝えしていきます。

 

 

今回はわかりやすくお伝えする為に人間を例に挙げてお伝えしてます。ですが成仏すると言う点において、人間だから、という訳ではなく動物等も同様の事が起こるようですので誤解のないようお願いします。

 

 

 

まず「成仏する」というのはどういうことか結論からお話しますと、亡くなった方というのは成仏することで神様のような存在になるそうです。

成仏という言葉は「仏に成る」と書くのでそのまま文字通りの意味ですね。仏教では先ほど申し上げた「神様のような存在」を「仏」と名付けたのでしょう。

 

 

では「神様のような存在」になるとどうなるのでしょうか?これは前回のブログで少し触れましたね。

神様のような存在になったことで、この世の人間にはない様々な力が得られるそうです。

それは、この世のどこにでも行ける力、この世ではないとても自由で幸せな世界に行ける力、この世に生きている生物をサポートする力、この世に様々な影響を与える力、この世の全てを理解できる力、再びこの世に転生する力等、本当に神様のような力が得られるそうです。

 

 

それと同時に、成仏した人というのは憎しみや恨み、嫉妬や後悔等、後ろ向きな感情は全て解消されるそうです。調べた所、成仏と言う言葉の意味には「悟りを開く」という意味もあるそうですが、まさに悟りを開いた仏様のような存在になるのだそうです。(仏教に詳しい訳ではないので、もし間違いがありましたら申し訳ありません…)

 

 

じゃあ成仏してしまった人は全く違う存在になってしまうの?という疑問があると思いますが、成仏して仏様のような存在になったとしてもその方の魂はあくまでその方であるという事に変わりはなく、この世を生きていた記憶や感情を忘れてしまうことはないようです。

 

 

ですので実際に既に成仏された方と話してみると、みんながみんな違う性格や表情をしますし時には冗談だって言います。あくまで魂や性格、生きていた時の記憶はその方のままで「神様のような存在」になるのだそうです。

 

 

 

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

次回も引き続き「成仏する」ことをテーマに、前回予告した成仏するグループとそうでないグループに分かれてしまう理由を書いていこうと思います。

 

 

宜しければ応援をお願い致します。(クリックお願いします)


スピリチュアルランキング

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。霊感があるわりに、確信もなく、
あれこれと勉強中で、こちらにたどり着きました。

ご先祖さまの霊が見えるのですが、それが
成仏しているのかどうかの確信が持てず、
こちらのページを参考にさせていただいていました。

2世代くらいまえまでの人たちで、
体もあり、話をして動き回る人、
顔だけが見え、とても穏やかで慈愛を感じる人など
それぞれですが、そのどれもが個人の個性があるなら
集合体ではないので、不成仏霊と言われたことがあり、
違和感を感じていました。

そこでもしきっかけがございましたら、
こういう見えたかをする人は成仏されていて、
こういう人は成仏されていないという
判断材料になるようなお話が聞けたらうれしいなと思っています。
もちろん、記事でもコメントでも。
一方的なお願いですので、無理でしたらどうぞ流してくださいませ。

  • ちー
  • 2018/09/19 15:19